GAME漂流記

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18 2012

counter-strike online 2遂にお披露目

  • CATEGORYFPS
  • COMMENT0
まずはこちらの記事をご覧下さい。
韓国で『Counter-Strike Online2』の体験イベント実施、元プロゲーマーの SpawN や project_kr のメンバーも参加 | Negitaku.org e-Sports

出るなら来年の夏か冬かな?って思ってたのですが、どうやら来年の4月頃に出るそうですね。さすがNEXON、出すのは早いが技術面が・・・
dust2だけしか行われなかったそうですが、今後の情報に期待しつつ、気になった事を書いて行こうかと思います。
画像1
全体的に見ると、まるで1500年代のイタリアを思わせるような外見。屋上をエッツィオが走ってそうなイメージがプンプンします。
acrfirst610.jpg

画像2
counter-strike online 2(以下CSO2)はSource Engineを用いているので、どうせNEXONの事だからCSSのMAPを使いまわしにするんだろと踏んでたのですが、どうやら一からMAPを作り直してるみたいですね。
ただ、↑の画像を見て分かると思うのですが、B扉入り口でBトンネルを覗ける設定にしたみたいです。CSSでは逆なんですよね・・・この違いはかなり大きくなると思う。自分的にはCSSと同じ仕様にしてほしかった・・・。
css_de_dust2_big.jpg
B窓をCSSと同じ仕様にしたのはいい考えだと思います。CTの取り返しがスムーズに行きますね。
マネーシステムは健在 ラウンドタイムが1分45秒 ラウンド前時間が15秒。CSOではラウンドタイムが2分だったので、CSOから来る人にとっては少し早めの行動が大事になってきそうです。

そして今後考えられる事なのですが、CSSをやった事ない人にとっては今後知っておくべき事があります。
多分・・・いや、NEXONさんの事だから絶対修正しないであろうバグがあります。それはNVIDIAとRADEON、グラボの違い。
今でもCSSでは解消されてない現象なのですが、FBの効きが大きく違います。


当時このバグが発見された時はかなり問題視され、酷い時はRADEONを積んでる人がいるクランとは試合をしない!ってクランもいました。逆にこれを利用してRADEONに乗り換えた人もいました。それ位問題視されて来たこのバグ・・・果たしてこのバグは解消されるのでしょうか・・・?
ではCSSの人達はどうしたかというと、ほぼ皆同じ条件になるようにするプラグインを導入し、なんとか無事?解決しました。

そしてもう一つの問題。tickrateはどうなるか?tickrateとは分かりやすく言うと、更新して応答するまでの時間。
CSSではtickrate33 66 100と分けられており、数値が大きいほど、高い情報量がサーバーに送られる仕組みになってます。て事は当然hitboxの違いが大きく出てきます。
もう少し分かりやすく書くと

tickrate33 〇    〇    〇    〇    〇
tickrate66 〇  〇  〇  〇  〇
tickrate100 〇 〇 〇 〇 〇

こんな感じで、情報が密度になり、○と○の隙間が狭まる→より現実に近い座標でヒット判定ができる→判定の精度が上がる。
しかしtickrateを上げれば、当然サーバー側に負荷が掛かってしまうので、サーバーがめっきり弱いNEXONさんはtickrateをどうするのでしょうか?予想では33になる恐れが・・・更にinterpの数値が変われば・・・おぉ怖い怖い。

頼みますよNEXONさん!

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。