GAME漂流記

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24 2013

Open Broadcaster Softwareについて

最近やっと有名になってきた配信ソフトOpen Broadcaster Software(通称OBS)
xsplitのプリセットを頑張って作ってたのが馬鹿らしく思えてきた今日この頃。

今日はお勧め設定を紹介

とはいえ、Open Broadcaster Softwareの設定は結構記事にしている人が多いので、そちらを見た方がいいかも

自分がお世話になったサイト様
フリーの配信ソフト Open Broadcaster Softwareを試してみた
Open Broadcaster Software でライブ配信
はじめての「Open Broadcaster Software」

CS:GOで試しに配信してみたのですが、全然FPSが下がらない!
因みに、僕はxsplitユーザーですが、試しに比較してみた結果
(Twitch TVでのテスト)
xsplit=配信解像度1280×720の2000kbitで平均FPSが80位にまで下がる。
OBS=配信解像度1280×720の3500kbitで、FPSが平均150~200。
約2倍以上のFPSが稼げた。
今度からこのソフトに乗り換えまーす^p^

因みに、僕のOBSプリセットはこちら
8x8dct:1 aq-mode:2 bframes:1 chroma-qp-offset:2 deblock:0:0 direct:auto ipratio:1.41 keyint:400 level:3.1 me:umh merange:64 min-keyint:auto mixed-refs:1 no-mbtree:0 partitions: i4x4,p8x8,b8x8 profile:high psy-rd:0.5:0.0 qcomp:0.6 qpmax:51 qpmin:10 qpstep:4 ratetol:10 rc-lookahead:30 ref:1 scenecut:40 subme:7 threads:12 trellis:2 weightb:1 weightp:2 crf:20 vbv-init:0.25
↑の数値をそのままコピって貼り付けちゃって下さいな。
後、FPS値はちゃんと出てるけど、何故かカクカクすると思ったら、詳細設定のCFRを有効にするにチェックを入れてみてね!多分それで直ると思います。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。